放射線治療などは頼れるドクターへ|名医お助け隊

看護師

メスを使わない

看護師

がん治療の際には手術や放射線治療、そして抗がん剤などを使った化学療法などが行われています。その中でも放射線治療は切らない治療として注目されており、この手術を利用してがんを治療すれば数多くのメリットがあるとして多くの人が利用しています。この療法を使用して治療している名医もいるので、スムーズに治療し社会復帰するためには情報を集めておくと良いです。
身体の内部を触るには身体を切り開かなければなりません。その方法として外科手術が発展し、今では麻酔の技術が発達してきているので手術中に激しい痛みを感じることもなく病巣を見つけ出すことができます。
がんは身体の細胞が悪性化するもので、それまでは細胞分化の際には問題なく細胞が生まれ変わっていたものが、あるきっかけで悪性化してしまい、それががん化してしまうのです。身体の内部に出来上がり、他の臓器に広がってしまうこともあるので、手術の方法が確立するまでは治療する手立てがありませんでした。

その一方で、放射線は切らずに身体の中にあるがんに触れることができる療法です。放射線治療は身体を通り抜ける放射線を利用するので、身体の内部を外科手術でなくても触れることができるのです。名医はピンポイントで病巣に放射線を当てることができる技術をもっています。
放射線を使った治療は、昔は抗がん剤治療や外科治療などの補助的な役割を追ってきましたが今では名医も増えており、ガンマレーザーなどで的確に病巣に照射することができるようになってきたことから、名医が施す放射線治療がにわかに注目を浴び始めています。