放射線治療などは頼れるドクターへ|名医お助け隊

看護師

選んで闘う

看護師

日本人に一番多いがんとしては胃がんで、以前はこのがんで死亡する人が日本人の死亡原因で多数を占めていました。効果的な治療や予防方法が確立されたため、胃がんの死亡率は徐々に下降傾向にあります。しかし、その他にも気をつけなければならないがんは多くあります。がんは重大な病気ですが、多くの人が無関係ではない病気なので、放射線を使う治療や名医の情報は常に把握しておき、定期的に検診を受けて早めにがんを見つけ出すことが大事なのです。
がんといえば手術することが大前提とされており、その後は傷跡が身体に残ることもあります。しかし、放射線の治療を選べば傷跡は最小限に減らすことができるのです。特に名医であれば経験も豊富ですし、安心して身体を任せることができるのです。

手術療法でも放射線療法でも、名医に必要なのは経験と実績です。放射線治療が最適なのは転移がんや手術が難しい箇所の治療においてなのですが、そのため治療も難しくなるのが現状です。病院を選ぶ時には放射線治療の専門家が常駐しているかどうかを確認すると良いでしょう。
放射線を当てる治療の医師が常駐している病院は各都道府県に存在しています。その中には患者の受け入れ体制を万全に整えている所もあります。住んでいるエリアを選んだ方が良いというのは、放射線治療はたいてい通院によって治療されるものだからです。そのとき、通院しやすければ負担も少なくなるのです。
受け入れ体制が整っていると良いのは、名医は人気があるので順番待ちの場所も多いからです。がんの進行を止めるためには定期的に受診できるような場所を選ぶことが重要です。