放射線治療などは頼れるドクターへ|名医お助け隊

看護師

治療前に心がける

看護師

食道がんや舌がんは切除が難しいがんですが、放射線療法があれば切除することなく散らばってしまったがんにも対応することができるので、諦めないで治療に臨むことができます。手術の場合は身体を切り開き傷跡が残るので、傷が縫合されるまでは痛みが生じる場合もあり、失われる機能も考えられます。
手術では今あげたことが副作用やデメリットとして捉えられますが、放射線治療にも同じく副作用があることは認識しておきましょう。たとえ名医の治療であってもこういった副作用は起こる可能性があるので、何でも万能であると思わず、治療を受ける前に医師と相談し、どういった事態が起こりうるかを知っておくことが心構えとして大切なのです。
名医は低位放射線治療や強度変調放射線治療などを使って治療を的確な治療を施していくことになります。こういった療法のことに関しても患者は質問する権利があるので、ガンマナイフやサイバーナイフなどといった治療に使う機具の名称や特徴も覚えておくと良いです。

放射線治療は切らずにがんの進行具合に関係なくいつでも治療を受けることが可能です。その一方で以下のような副作用が発生する可能性もあります。
まず疲労感やだるさ、脱毛や食欲不振というのが代表的な症状です。名医であればこういった副作用を減らす努力をしているので、副作用の対策に関しても質問しましょう。放射線は身体を通り抜けるものですが、皮膚に当てた際赤く残ることもあります。その場合、また吐き気を覚えた場合、対処法を名医に確認して乗り越えることができます。